もう剃り負けない!剃り負けの原因と正しいヒゲ剃りの方法

カテゴリー
Beauty
投稿日
更新日

こんにちは!のちねむです。皆さんはヒゲ剃りをしますか?仕事柄剃らないといけない方もいれば、今の恋愛市場的にヒゲがない方がモテるから、とかしっかりヒゲは整えるべきと考え、日々ヒゲの手入れをする方はかなり多いのではないでしょうか。

ヒゲ剃りをする上で誰もがぶつかる壁が「剃り負け」ですね。ヒリヒリから始まって赤みを帯びて悪化するとニキビのように残り、剃っている間はなかなか治りません。今回は剃り負けをする原因と対策について書いていきます。

剃り負けする原因

剃る前の肌のコンディションが整ってない

肌が乾いた状態であったりカサカサしているところにヒゲ剃りの刃をあてると肌にダメージが加わります。年齢とともに肌の水分量はどんどん減ってくるため、肌を保湿してからヒゲ剃りをする必要があります。

電気シェーバーやカミソリの刃が劣化している

洗面所や浴室は湿度が高いため雑菌が繁殖しやすいです。この状態のヒゲ剃りで手入れをすると毛穴から雑菌が入りこみ、肌の炎症を引き起こします。また手入れや交換をしないと切れ味はどんどん落ちていき、剃りにくく感じてしまうがゆえ強く剃ってしまったり、同じ箇所に負担をどんどん加えてしまうため、肌へのダメージが大きくなります。

毛を剃る方向を間違えている

本来ヒゲを剃る時は毛流れに沿って剃るのが基本ですが、深剃りをしようとして毛の生えてる向きとは反対側に剃る「逆剃り」。これをしてしまうと肌にとてつもない摩擦と負担がかかってしまいます。

剃った後の肌のケアが不十分

ヒゲ剃りをすると肌の水分と油分がリセットされ、乾燥状態になります。いわばバリア機能が低下し、肌が無防備な状態になってしまい炎症や肌トラブルを起こしてしまいます。男性はヒゲを剃る→アフターケアまでがヒゲ剃り、という概念がまだ定着してないのも事実です。

剃り負けない!ヒゲ剃りの手順

①肌を温める
肌をあらかじめ温めておく事で毛穴が開き、ヒゲ剃りに対して毛が素直になってくれるため、事前準備としてはマストです。朝時間がない時は「ホットタオル」がおススメです。水で濡らしたタオルをしっかり水切りをし、電子レンジで30秒程温めましょう。これだけでホットタオルの完成です。これをヒゲ剃りする部分に30秒~1分押し当てましょう

②ヒゲを柔らかくし、摩擦を減らす
ここで登場するのがシェービング剤。ヒゲ剃りにはマストアイテムになりますが、シェービング剤には大きく分けて2種類あります。

・シェービングフォーム…柔らかい泡で肌を刃からのダメージから守ってくれます。敏感肌の人向け。

・シェービングジェル…滑りをよくし、肌と刃の摩擦を軽減してくれます。しっかりヒゲを剃りたい方向け。

③逆剃りはしない!
深剃りしたい時に逆剃りしたい気持ちはわかります。そこをグっとこらえて、しっかり剃りたい箇所に関しては刃をあてる角度を変えましょう。これだけで肌への負担が全然違いますし、けっこうしっかり剃れます。

また、ヒゲ剃りの刃が古いと肌との摩擦が強くなりますし、中には目に見えない刃こぼれや汚れもあります。剃った肌の毛穴に雑菌が入る原因にもなりますので、使用頻度にもよりますが最低月1回は刃の交換をするようにしましょう。

剃った後のケアまでがヒゲ剃り

①シェービング剤をしっかり落とす
シェービング剤も肌にとっては異物なので、残っていると肌荒れの原因になります。しっかり洗顔を行いましょう。

②冷水で肌を引き締める
洗顔が終わった後に冷水で毛穴を引き締めましょう。毛穴を引き締める事で雑菌の侵入を防ぐ事ができますし、この後の保湿の効果も高めてくれます。

③しっかりと保湿
化粧水と乳液で水分と油分を補給しましょう。保湿剤はなんでもいいという訳ではなく、「低刺激」「高保湿」なものがベストです。

あまりにも剃り負けや肌トラブルが頻発する時

皮膚科を受診する

どうしてもヒゲを剃らないといけないのに剃り負けがひどい場合は皮膚科で塗り薬をもらいましょう。炎症を抑える薬も扱ってますし、治療を並行して進める方が肌にとってベターです。

脱毛に通う

今や男性も当たり前のように通う時代となった脱毛。医療レーザーや光脱毛、電気脱毛と種類は様々ですが、毎日剃る時間や替え刃代、シェービング剤にかかるお金を考えると、脱毛してしまった方が肌もキレイになりますし、身だしなみを整える時間も大幅に短縮されるので、かなりオススメです。

もちろん期間や予算は必要ですが、得るものの方が断然大きいですし、ヒゲ剃りに疲れてる方はぜひ検討してみてください。脱毛に関してはこちらの記事にまとめてあります。

最後に

ヒゲを剃ってもその下の肌が荒れてしまっていてはせっかくの身だしなみが台無しです。男性も肌に気を使わなくてはいけない時代。しっかり肌をいたわり、美肌を維持していきましょう。肌をキレイに保つ事で自信にも繋がり、仕事や恋愛も上手くいく事だってありますからね!

読んで頂きありがとうございました。

のちねむ