男性必見!肌ケアの流れと効果

カテゴリー
Beauty
投稿日
更新日

こんにちは!のちねむです。みなさんは肌の手入れをしていますか?冬場の乾燥や夏の紫外線は肌の老化をどんどん進めていくため、女性だけでなく男性も1年を通じて肌の手入れが推奨されています。

近年化粧水を塗る男性も増えてきてますよね!美容は日々の積み重ねで効果を発揮、持続します。基礎ケア商品には化粧水やら美容液やら色々ありますが、塗る順番とか意外に考えてない方も少なくありません。正しい順番で塗らないと、ケアの効果が薄まってしまう事もあります。

今回は寝る前に行う男性にもぜひやってほしい「基礎ケアの流れ」とその効果についてお話していきたいと思います。

肌ケアをする意味


私たちは普通に生活しているだけで、肌へ負担をかけてしまっています。女性なら化粧で毛穴を塞いでしまったり、男性ならヒゲそりなどの刺激ですね。太陽の紫外線や冬場の乾燥によっても、かなり肌には刺激になります。

結果としてそれらの刺激はシミやシワ、たるみ、ニキビやそりまけなどの肌トラブルを誘発してしまい、肌の老化が進んでしまう事となります。

仕事や生活上どうしてもかかってしまう負担を、肌ケアを毎日しっかり行う事で肌トラブルの軽減、トラブルに強い肌を作っていく事ができますし、「アンチエイジング」もできるので、老け込むのを遅らせる事もできます。

肌ケアの基礎の流れとその役割

まず女性がするケアの流れがこちら

クレンジング
洗顔
化粧水(パック)
美容液
乳液
クリーム

が基礎的な流れとなります。が、男性にもぜひこの流れをやってほしいのです。洗顔にしても、化粧水にしても種類がいっぱい世には溢れてるので、始めはそれぞれ「低刺激」「コスパ良し」の物を選ぶといいかと思います。

クレンジング

俗に言う「化粧落とし」なんですが、なぜ男性もやるべきなのか。クレンジングは化粧を落とすだけでなく、毛穴につまった油汚れを落とす事ができます。1日で皮脂分泌による毛穴につまった油汚れは、クレンジングオイルで効率よく落とす事ができます

男性は女性に比べて皮脂分泌が多いのでむしろクレンジングは必須なのです。また、肌をマッサージして血行をよくしてくれるので、肌ケアそのものの効果を底上げしてくれます。洗い流す時はぬるま湯でしっかり落とします。

洗顔

クレンジングで毛穴の汚れを落とすと、次は洗顔で表面の汚れを落としましょう。ネットなどでしっかり泡立てて、肌に「乗せる」感じで大丈夫です。ゴシゴシ洗顔をしてしまうと、必要油分まで落としてしまい、乾燥が進んでしまいます

大体10秒から15秒、泡を肌に密着させるイメージです。洗い流す時はこちらもぬるま湯で残さないように。泡が残ると肌荒れの原因になる場合があります。クレンジングと洗顔は「ダブル洗顔」と言われ、肌ケアのベースとして大事な工程となります。

化粧水もしくはパック

化粧水の役割としては「水分補給」です。汚れがリセットされた肌に、15分以内に塗りましょう。かなり浸透するのが実感できるはずです。ポイントとしては、化粧水に関してはバシャバシャ塗ってオッケーです。

手のひらでグッ、グッと毛穴に水分を押し込むイメージです。よく肌を叩いて塗る人がいますが、おすすめしません。肌にいらない刺激を与えてしまってますので、叩くのではなく、押し込みましょう。

美容液

美容液は「栄養補給」担当です。肌に必要な栄養分が入っているものなので、「アンチエイジング」や肌をキレイにするための必須アイテムになります。

美容液に関しては塗れば塗るほどという概念はなく、塗り過ぎるとニキビのエになってしまったりもあるので、適量を肌にしっかり行き渡るようにぬりましょう。化粧水と同じく、広げて押し込むイメージで。

乳液

乳液は「油分補給」です。人間の肌は通常、乾燥を防ぐために皮脂分泌を行います。それが行き過ぎたり、汚れと反応すると肌トラブルにつながってしまうのですが、乳液を適量塗る事で、「必要油分」を調整する事ができ、肌の水分と油分のバランスを整えてくれます。

男性でも化粧水と乳液のペアは馴染みがあるのではないでしょうか。

クリーム

基礎ケアの仕上げにクリームを塗ります。これは役割として保湿成分の保護(フタ)をしてくれます。近年ではクリーム自体にも保湿や油分調整、肌に必要な栄養が入ってるものもありますが、美容液や乳液同様、塗りすぎは禁物です。

うすーくしっかり伸ばすイメージで塗りましょう。ここまでが基礎ケアの流れになります。

まとめ


肌質は1人1人違いがあります。肌がベタつきやすい人や常に乾燥してる人、成分に敏感な人と色々ですよね。今回は基礎ケアの流れとして紹介してますが、自分がどのような肌質なのかを把握し、ピリつかないかなどに気をつけて自分に合った化粧品、分量を見つけていきましょう。

何事もそうですが、やり過ぎはよくないです。過剰手入れといって、行き過ぎた分量や行き過ぎたケアは逆に肌を劣化させてしまいます。

はじめは化粧水と乳液で始めて、慣れてくれば美容液やクリームを追加していくのもいいかもしれません。ただでさえアイテムが多いと、始めは面倒ですしね。笑

肌の調子が良いなーと実感が出てくれば歯磨きと同じで寝る前のルーティーン化ができると思いますので、ぜひ頑張ってみてください。今回のリンク以外でも良さそうなものがあれば紹介していこうと思いますので、よろしくお願いします。読んで頂きありがとうございました!

のちねむ