シミはなぜできる?紫外線予防と美白作用で改善する話

カテゴリー
Beauty
投稿日
更新日

こんにちは!のちねむです。年齢を重ねていくと増えてくる肌トラブルの中に「シミ」というものがありますね。シミがあるだけで「美肌」に見えなくなってしまったり、老けて見られたりします。

シミの大きな要因として「紫外線」がよくあげられるのですが、私たち人間は年中通して紫外線を浴び続けています。暑い夏だけでなく、雨の日や冬の寒い日でも紫外線は私たちの肌にダメージを蓄積しているのです。

シミはニキビのように、ある日突然現れるというより、ダメージの蓄積で肌表面にジワリジワリと現れてくるため、日々の対策がかなり重要になってきます。今回はシミの原因と対策、シミができてしまった時の対処法について書いていきたいと思います!

紫外線がシミを作る原因


天気や季節に関係なく年中降り注ぐ紫外線。紫外線を浴び続ける事により肌が光老化し、皮膚細胞の再生能力が低下する事でメラニンという色素が外に排出する力が弱くなります。これによりメラニン色素が蓄積していき肌が「もういいよ!」キャパオーバーしてしまった時、肌表面に「シミ」となって現れるのです。

他にも、、、

活性酸素

タバコやストレス、大気汚染などが人体に「活性酸素」を生み出し、メラニン色素を作るメラノサイトを刺激します。するとメラニンはどんどんと生成され、肌の奥から表面に上がってきてシミを作ってしまいます。

外的刺激や内臓機能の低下

虫刺されや傷などによる炎症や、摩擦などの物理的な刺激もメラノサイトを刺激します。また肝臓や腎臓の機能障害、副腎皮質の機能低下によってもシミが出来る事も。

紫外線には2種類

UVA

波長が長い紫外線で、皮膚の表面から奥の真皮まで到達し、メラノサイトを活性化させます。その結果メラニンが大量に生成され、肌の色が濃くなっていきます。一般にいう日焼けはこれによるものです。UVAはガラスやカーテンなども通過してくるので、曇りや屋内でも対策が必要になってきます。

UVB

肌に対する刺激ダメージが強く、細胞の遺伝子(DNA)を破壊する程の力をもっているため、皮膚ガンに繋がる要因にもなります。海や日中外にいる事で起こる顔や体のひりつきはこのUVBが原因とされています。

紫外線量は夏に多いのは事実ですが、真冬でも夏場の30%程は降り注いでいます

シミになりやすい人なりにくい人


人間には白人、黒人、黄色人種といますが、白人のように色白になればなるほど皮膚の紫外線の感受性が高くなり、シミになりやすいと言われています。日本人は黄色人種という中間の色で分類されてますが、日本人にも色白、色黒といます。色白の人の方が紫外線の感受性が高いと言われています。

シミを予防しよう!

日焼け止め

紫外線防御には日焼け止めが常識ですね。日焼け止めには、UVAに対する防御能を示すPA(Protection grade of UV-A)とUVBに対する防御能を示すSPF(Sun Protection Factor)の表示があります。

PAは+~++++の4段階、SPFは最大50+まであり、+の数が多いほど、SPFの数値が高いほど、紫外線ダメージを防ぐことができます。

日常生活であればSPF20・PA+~++、外出や屋外での活動にはSPF30~40・PA+++、日差しの強い中での活動にはSPF50・PA++++、なお、PAやSPFが高ければ安心ではなく、段階よりも2~3時間おきに塗り直すことの方が紫外線対策として効果的と言われています。

スキンケア

肌が乾燥するとバリア機能が衰えて紫外線ダメージを受けやすくなってしまうので、日々のスキンケアや保湿を徹底しましょう。

美白有効成分は数多くありますが、個人的なTOP3は以下の成分です。

・ビタミンC誘導体
コラーゲンの生成を促進したり、活性酸素の除去作用、メラニンの抑制、還元作用で肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の正常化

・トラネキサム酸
もともと医療現場で止血剤や抗炎症剤として使われてきた人工アミノ酸。皮膚の中で過剰に生成されるメラニンを鎮める効果あり

・ハイドロキノン
美白の大敵、酸素であるチロシナーゼの活性化を抑え、新たなメラニンの生成を抑える。作用に安定感とマイルドさがあり、できてしまったシミを薄くするのにも効果的

これらが配合されたケア商品でスキンケアを行うようにしましょう。

内側からのケア


ビタミンA、C、E(ビタミンエース)を含んだ新鮮な野菜や果物を積極的に摂取して体の中からもシミを予防、抑制しましょう。

・ビタミンA
新陳代謝を促して肌のターンオーバーを促進させます。メラニンの排出を効率よくしてくれます。

・ビタミンC
メラニンの沈着を抑え、還元してシミを薄くする働きがあります。

・ビタミンE
血行を促進させ、抗酸化作用があります。

ビタミンACEを含む食品

 

・キャベツ
・ブロッコリー
・カリフラワー
・大根
・ニンジン
・パセリ
・ニンニク
・ニラ
・トマト
・ピーマンets

 

注意

レモンやグレープフルーツなどの柑橘系にビタミンCは豊富ですが、実はソラレンという紫外線を吸収しやすくする成分も一緒に含まれているので注意が必要です。紫外線に当たらない時間に食べたりと工夫をしましょう。

どうにもならなければ


日々のケアで予防に努める事は当然大事なのですが、範囲の広い目立つシミは一刻も早くなくしたいですよね。中にはメラニンだけが原因ではないシミもあります。

クリニックでレーザー治療する方も多いようです。レーザー照射をする事で皮膚の患部を焼き、カサブタになって剥がれるのを待つ方法です。担当医とシミの原因が何なのか、予算はどれくらいかかるのかを相談しましょう。

最後に

私も海水浴によく行ったり、昔は晴天の下でボールをひたすら追いかけたり、紫外線とは長い付き合いではあります。その分、毎日のケアも長く続けています。好きな事をするために肌と体をいたわっています。

どの記事でも伝えてる事ですが、肌トラブルは起こる前にいかに抑えるか、という事です。シミに限らず、肌の外側と内側からのケアを積み重ねていく事で、長く美しく生きる事ができますので、ルーティーン化していきましょう。

読んで頂きありがとうございました!
のちねむ