UberEats(ウーバーイーツ)収入が上がる現金受付のメリット

カテゴリー
Uber Eats
投稿日
更新日

こんにちは!のちねむです。ウーバーイーツもすっかり浸透してきて、加盟店も増え、街中で配達員を見かけるのも珍しくない時代になってきましたね!ただ注文数が少なかったり、配達員が飽和してる日は自分に注文が回ってきにくい状況なども出てきます。僕も4月からウーバーイーツを始めましたが、曜日や時間帯によって忙しさが全然違うと感じる事も多々あります。

とくに1時間近く「干される」とメンタルもズタズタになります。笑 専業でやってる方は死活問題です。ぬおおお。常に安定した収入を得るために、のちねむはついに「現金受付」を始めました!存在は知ってたのですがなんとなく面倒クサいイメージがあったので敬遠していました。笑


配達員の方々にもアンケートをとったところ、約半数の方は現金受付をしてるみたいです。

しばらくやってみてかなりよかったので今回は「現金受付」のメリット、デメリットを体験に基づいて書いていこうと思います。

配達員の現金の受付方法の流れ

①クレジットカードもしくはデビットカードの登録

パートナーセンターなどであらかじめクレジットカードやデビットカードの登録を済ませておくとスムーズです。

・アカウントからの設定方法
アカウント→お支払い→Uberへのお支払い→支払い方法の追加→カード情報の入力

後で説明しますが、売り上げよりも実際に受け取った金額の方が多い場合、登録したカードで差額が決済される仕組みになってます。反映までにすこし時間がかかりますが、これで現金受付の資格を得ることができます。

②ドライバーアプリを現金受付状態にする


アプリを立ち上げオンライン画面の右下の三本線マークをタップ


続いて右下のマークをタップ


「現金払いを受け付ける」を押し→保存。これで現金受付状態になります。オフにして保存すれば現金案件は入ってきません。

必要なお釣りはいくら?

個々によって違いますし、正解はないと思いますが、バカみたいに用意する必要はないと思われます。一万円を連発で出されても大丈夫なくらいで用意してみるといいと思います。半数ぐらいの方は丁度の金額で出してくれますし、千円と百円はどんどん増えて行くイメージがあります。僕の場合始めは、
1000円×15枚
500円×2枚
100円×10枚
50円×2枚
10円×10枚
5円×2枚
1円×10枚

でスタートしました。1日稼働してもお釣りが足りなくなる事はありませんでしたので、あとはお好きにカスタマイズしてみてください。もしお釣りが足りない場合は商品を渡してATMに行ったりコンビニで崩してこないといけなくなり、タイムロスとお客様に迷惑がかかるので注意してください。


僕はこのようにコインケースとお札は輪ゴムで管理してます。(マネークリップの方がいいかも)
雨の日などはお札が濡れやすいので、ジップロックに入れましょう。

お客様との実際のやりとり

現金案件は商品をピックした時に初めてわかります。


一番下の「現金を受け取る」のところをタップすると


このようにお客様から頂く金額が表示されます。基本的には商品を先に渡してからお金のやりとりをする方がいい気はしますが、料理の量やお客様の好みもあると思うので、そこは臨機応変にやりましょう。頂いたお金は一旦ポケットにインして、お釣りをスムーズにお渡しします。マナーとしてお札の向きは揃えるよう意識します。配達済みをタップすれば、配達完了となります。

もしお客様が現金を持ち合わせてなかった場合

このケースはかなり少ないとは思いますが、ヘルプを確認して「乗客が料金を支払わなかった」もしくは「乗客が料金の一部を支払わなかった」をタップし、表示される指示に従ってください。その際、商品自体は先にお渡ししても大丈夫です。

Uberへの支払い

月曜日になると、先週分の調整金の案内がきます。
要は実際の売り上げの金額より、お客様から頂いた金額の方が多かった場合その差額をUberに払ってね、というメールがくるんです。

メールからタップで進むとこの画面になりますので、期日以内に続行を押して決済を確定させましょう。もし期日が守られなかった場合、現金受付機能が使えなくなる可能性があります。

現金受付をやってよかった点(メリット)悪かった点(デメリット)

メリット

・日銭が稼げる

来週の自分からの前借り金ではありますが、お客様からのお金がそのまま懐に入ってくるのはかなり嬉しい!日払いのバイトに似た感覚を味わう事ができます。急な出費にも対応しやすいですね。

・注文が増える

体感的に1日の配達の4割程が現金案件でした。現金オフの配達員より優先的に注文をしっかり拾う事ができるので、暇な時間が少なくなり、収入としては上がるのかも。

・チップ

たまに「お釣りいいよ?」と言ってくださる神様みたいな方が出現します。それも、2,640円のお支払いに対して、3,000円払われた方が言ってくれたりします。360円、、、マクドの配達一回分じゃないですか、、、
あまりあてにしてはいけませんが、現金受付している配達員だけが味わう事ができる幸せです。

・クレジットカードのポイントが貯まりやすい

Uberへの支払いをクレジットカードにして決済をしていく事でポイントが貯まるんですね。チリツモの原理ですが、この恩恵はかなりデカい。

デメリット

・お金の管理

お釣りが切れないように管理したり、お金を持ち歩くリスクが常にあります。全国でバッグの盗難の報告もあるので、必ず肌身離さずです。

・ロングピックが多少増える

現金オンの配達員が少ない場合に飛んでくる依頼が、やや遠いケースがあります。ピックまでの距離はお給料にならないので、少し配達効率が落ちる場合があります。干されるよりはマシですが。笑

・小銭が増えるとバッグが重くなる

コインケースがいっぱいになるとけっこう重くなるんですよね。1日ごとにしっかりお釣りはリセットしましょう。必要分以外は家に置いておくか、入金してしまいましょう。

デリバリーサービスとして浸透してきたウーバーイーツですが「出前は現金」という感覚の方、カード決済だと頼み過ぎが怖いという方もたくさんいるため、現金案件は実際多いみたいです。そこを利用して始めてみた現金受付ですが、もし売り上げが伸び悩んでる方は是非やってみてください。常にオンにする必要はありません。ピークタイムや雨の日はイヤでも鳴る時が多いのでそれ以外に現金をオンにしたり、クエストがかかってる時にオンにしたりして臨機応変に立ち回っていきましょう。本日も読んで頂きありがとうございました。

~今日も走ってます~
のちねむ