Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者配達員に送る配達の流れとコツ!

カテゴリー
Uber Eats
投稿日
更新日

こんにちは! のちねむです。

前回、配達を始めるにあたって揃えて頂きたいもの、揃えとくといいよーというものをお伝えしました!
今回はいよいよ配達開始をしてみましょう♡
僕なりに段階を踏んでわかりやすく説明していきますので、どうかお付き合いください。

ずばり「初心者配達員に送る配達の流れとコツ!!」

それではいきまーす!!

アプリをオンライン


ドライバーアプリを開くと画像のような表示が出ます。
(出発)をタップする事でオンラインになります。
はりきったもののオンラインにし忘れると一生注文は入ってこないので気をつけてね。笑

また、他のアプリを起動している場合は閉じておきましょう。少なからずバッテリーの消費につながってしまうのと、思わぬタイミングで開いちゃったりしますので、、、

また、通知音は片耳イヤホン音量はマックスでもいいと思います。

↑オンラインになった状態です。

基本的に注文が入ったお店に近いドライバーに依頼が入る仕組みのようですが、普段の応答率であったり、後程お話するドライバーの評価によって、AIがランダムに選ぶ場合もあるみたいです。

注文が入るとこのような画面と通知音が鳴ります。

四角を囲んでる大きいピンが目的地のレストランになります。この時、お店までかかる分数が表示され円の周りがカウントダウンされ始めます。この円が一周するまでにタップをすると、依頼を受注した事になります。

ちなみにこの分数、かなりざっくりしており、鵜呑みにするとしんどいです。笑
1分や2分であれば、おおよそその通りなんですが、4~5分表示になってるものは、実際のところ表示されている分数+4~5分かかると予測しておいてもいいかもです。あくまで個人的体感ですが。
(ウーバー アプリはアップデートや修正される部分もあります)

ウーバーイーツの配達において、ドライバーのお給料になるのは、あくまでレストランからお客様の家までの距離計算になるため、あまりに遠いレストランの依頼を受け続けると、金額と見合ってない距離を走ってしまう事になります。

ちなみに画面左上の[拒否する]をタップすれば、依頼をキャンセルする事ができます。
とはいっても最初は配達件数をどんどん伸ばし、慣れと要領をつかむため、依頼は積極的にどんどん取っていきましょう。

東京で稼いでる有名なドライバーさんは、現に「稼ぎたいなら依頼は全部とるつもりで。選んじゃダメ」とまでおっしゃってました。

レストランに向かう時にチェックしなければいけないのが、レストランの注意事項です。受注したレストランの名前をタップすると注意事項とお客様の注文番号が出てきます。

例えば

※冷たいものと温かいものをわけてください。
※地上ではなく、〇〇ビルの地下にお店があります。
※お店がせまいので、バッグは持ち込まないでください。

などなど。これを読んでいないと、お店の場所がわかりづらかったり、お店に迷惑をかけてしまう事になりますので、注意してくださいね。チェックしたらマップを立ちあげてお店に向かいましょう。

お店への向かい方ですが、マップ画面の右下にGoogleマップに連動するマークがありますので、これを開きましょう。開くとすでに経路が表示されるのですが、これをそのままナビしてしまうと、かなりの確率でピンずれしている場所に案内されてしまいます!

これは初心者ならほぼぶつかる最初の違和感なのですが、ここでの注意点としては、必ずマップを開いたら数字が羅列されてる「目的地」の欄に、正しい店名か、住所を打ち込むようにしてください!そうすると、正しいお店までの道のりが表示されます。

この時の車モードか徒歩モードの選択ですが、原付は車モード、自転車であれば徒歩モードをオススメします。徒歩モードであれば車が通りにくい道や、割と近道が優先されて表示されるからです。ナビ音声はオフにしておいてもいいかもしれません。キレイな女の人の声が必要以上に喋ってきますので。笑

この時の到着にかかる時間ですが、徒歩モードの表示時間は自転車であれば3分の1もしくは4分の1程の時間で到着できるでしょう。徒歩12分であれば、3分、4分で着く計算になります。

早く着けば早く着くほどいいのですが、あくまで安全を第一に、交通ルールは守るようにしましょう。信号待ちの時間がもったいない時は、筋をずらしたり、ナビに表示されているグレー色の第2候補ラインに進行しましょう。道を外れても、ナビは経路の再検索をすぐしてくれます。

お店についたら「ウーバーでーす!」と店員さんに挨拶しましょう。そうすると店員さんが「注文番号お願いします。」と聞いてくるので、手元の注文番号を読み上げて待機という形になります。

この時、すでに料理ができているケースが多いですが、お店によっては込み具合によって多少待たされる事がありますので、必ずスタッフや他のお客様通路を塞がない場所で待機しましょう。お店が狭い場合は、「外で待っておきます。」と一言伝えて、外で待つのもありです。

商品をうけとったらお店の邪魔にならないところでバッグに入れ、配達開始バーをスワイプすると、次はマップに配達先の住所が表示され、レストラン同様お客様に関する注意事項が表示されますので、しっかりチェックしておきましょう。

※必ずインターホンをならしてください。
※玄関の黒いカゴにいれておいてください

などなど。レストランへのピック同様、マップを立ち上げて配達スタートです。

配達開始バーをスワイプする前に、ピックはどうでしたか?と、ウーバー からのアンケートがあります。ピックとはお店で料理を集荷する事です。

お店のピックに対する対応はどうだったかをグッドorバッドの選択をしてから、スワイプしましょう。しなくても問題なく配達は開始できますが、ウーバーイーツをお店、お客様を巻き込んでよりよくするために極力選択するようにしましょう。

ピックに向かう時同様、お客様までのピンが四角を囲った赤いピンで表示されますので、Googleマップを開いて経路を確認します。

ただし、ここでも同様で目的地の欄にお客様の正しい住所、もしくはマンション、建物名を直接入れる事でピンずれを防ぐ事ができます。

お店やお客様もあなたの評価をする事ができますので、待たせ過ぎたりすると低評価をされる事があります。道に迷うとかなりのタイムロスになりますので気をつけてくださいね。

中には入り方が複雑なタワーマンションの配達も多いです。入り口で、エレベーター前でインターホンを押さないといけない所や、警備室で入館許可をもらってからマンションへ入らないといけない所もあります。

コンシェルジュが誘導してくれる所も多いので、コンシェルジュや警備員の方がいる所は、「ウーバーイーツの配達で初めて来たのですが」と一声かけましょう。入館の手続きをしてくれます。

商品の受け渡しに関してのアドバイスですが、笑顔でお客様の持ちやすい取っ手幅を確保して、両手でしっかり支えながら渡してあげてください。この時、あまりお客様の顔をジロジロ見ないように気をつけてください。

ウーバーイーツを利用する方の中には、化粧がめんどくさくて、起きたばかりでとか、お風呂に入ってしまってスッピンでなどのお客様が大勢います。人目に極力つきたくない方が多いので、そこは気を使ってあげましょう。(ドアから手だけ伸ばしてくる人がいるくらいです。笑)

配達が無事完了すれば、配達完了バーをスワイプし、1件の配達が完了する事になります。

この時も、配達はどうでしたかの評価バーが出ますので、しっかりグッドorバッドをタップしてから配達を完了するようにしましょう。

ここまでが、登録から配達の流れになりますが、いかがだったでしょうか。人間初めての事に緊張は付き物ですが、このドライバーアプリはすごくシンプルな仕様、使い勝手になってるので、早ければ3件4件さばけば慣れてくるでしょう。

次回は売り上げをアップする方法、クエストやブーストについてまとめて行きたいと思います。

読んで頂きありがとうございました。

~今日も走ってます~
のちねむ