UberEats(ウーバーイーツ)配達員の評価とは?Goodをもらうコツ

カテゴリー
Uber Eats
投稿日
更新日

こんにちは!のちねむです。皆さまいかがお過ごし僕は忙し!このたびゴールドパートナーの称号を頂きました!

ゴールドパートナーとは?

①過去3ヶ月間の配達回数が500回以上である事
②過去3ヶ月間の間に配達に関する注文者及びレストランの評価平均が98%以上である事
③過去3ヶ月間に、料理のピックアップ後に自己都合キャンセルした回数が5回以内である事
④コミュニティガイドラインを尊守している事

以上の条件を満たした配達員にウーバーから送られる称号なのです!ゴールドパートナーには特典があり、ウーバーイーツの注文で使う事ができるプロモーションコードやキャンペーンの優先案内、対象のレストラン優待などがあります。


なんと1万円分。ウハウハです。ウーバーイーツを始めて約3ヶ月、とくに②番!毎日配達をする中で評価を98%維持するのはなかなか大変でした。①、③、④に関しては個人の意識でどうとでもなるのですが、②番の評価に関しては対人間というところで、少しコツがいるので、僕の経験を交えながら評価の上げ方、維持の方法をお伝えしていきたいと思います!

そもそも評価とは?

ウーバーイーツ配達員がピックアップの際にレストランへの評価、配達先のお客様への評価ができるように、逆に向こうも配達員を評価する事ができます。単純に「good」と「bad」の2択です。自分の評価の見方はオンライン画面から右上の自分の顔をタップ→プロフィール→高評価で見る事ができます。(配達を始めて間もない時は、規定数こなすまで表示されません。)レストランからの評価、お客様からの評価が直近100件で表示され、下に評価の詳細が表示されます。

低評価(bad)の詳細


主に
・玄関口まで配達されなかった
・配達の遅れ
・配達メモを無視した
・商品が破損していた
・集荷の遅れ
・顧客から見たプロ意識の問題
・事業者から見たプロ意識の問題

などが主流です。badをもらうと満足度は1%ずつ下がっていきます。配達員の満足度はお客様にもつつぬけで、先入観を持たれやすいため、できれば維持したいところです。満足度が悪すぎるとパートナーセンター呼び出しやアカウントBANの可能性も、、、。badされる事に直結しやすい理由とその対策を説明していきます。

①道に迷ったり、配達に時間がかかりすぎる

ピンのズレやお客様の入力した住所に不備があったりするために、到着に時間がかかってしまう場合があります。メールでやりとりができますので、正しい住所を送ってもらうなりしましょう。遅れている理由がわかればお客様も安心します。また、ダブルの2件目のお客様のようなあらかじめお届けが遅れるのがわかっている場合、あらかじめメッセージをしておくと丁寧な対応と受け取ってくれ、低評価に繋がりにくくなります。

(例文)

お世話になります。ウーバーイーツです。お待たせしており申し訳ございません。なるべく早くお届けできるように向かっておりますので、よろしくお願いいたします。

配達前にペーストできるようにしておくと便利ですね。

②料理が冷めていたり、汁物やドリンクが漏れていた

時間が経つといくら保温バッグであっても料理は冷めてしまいます。ドリンクの氷も溶けてしまい、コンディションの悪い状態でお渡しする事でbadの対象になってしまいます。道に迷わず最短距離で、交通ルールを守った上で急ぎましょう。またお店の梱包にも左右されますが、急いだりするとスープやコーヒーなどの液体も漏れてしまう事があります。バッグの中をクッションやタオルで隙間をなくし、しっかり商品を固定するようにしつつ、段差を避けて走行するようにしましょう。

③身だしなみが整ってなかった

清潔感含む身だしなみは社会人として最低限守らなくてはいけない部分です。見るからに不潔そうな感じはNGです。汗をかくのは仕方ないので、お客様のところについたら汗はしっかり吹いて、タオルも料理に触れないようにしましょう。夏場は替えのTシャツがあるといいですね。服装もラフ過ぎには注意です。上下スウェットなどはやめましょう。動きやすさは大事ですが、綺麗にしている方が印象はいいです。

④配達メモを見落としていた

お客様の中には直接受け取りたくない方や、部屋まできてほしくないからマンションの外で受け取りたい方など様々いらっしゃいます。「ドアの前に置いといてください。」などのメモを見落としてドアのチャイムを押してしまうと、badをつけられやすくなるので、配達前に必ずメモを読むようにしましょう。

⑤レストランでの立ち振る舞い、言動がよくなかった

ピックアップの際にこちらの愛想や態度がよくなかったり、到着が遅れたり、お店が忙しい時に急かしたりしてしまうと、レストランからも低評価を食らってしまう事があります。入店の際は笑顔で「ウーバーイーツです!」と伝えて、お店の邪魔にならない所で受け取りするようにしましょう。配達メモ同様、レストランメモも見落とさずにしっかり読んでおきましょう。バッグを持ち込んでほしくないお店も多いようです。

評価の上げ方(goodの稼ぎ方)


badをもらう事は容易くても、goodをもらう事は案外難しいんです。なぜなら、忙しいチェーン店やお客様はめんどくささもあり、配達員のサービスが普通であれば普通の評価しかしないからです。評価に普通という選択肢がない以上、普通以上のサービスを提供しないと、goodはもらえません。

・笑顔でハキハキと対応
・料理の受け取り、受け渡しは両手で低姿勢で
・スピードを大事にする(当然交通ルールは守る)
・「ありがとうございます」「失礼します」「またお願いします」などの、去り際の一言

この辺を意識すると、満足度の維持と%アップに繋がってくるかと思います。難しい事は何もないんですよね。自分がされて嬉しい事をしてあげるだけです。評価を気にし過ぎるのもよくないですし、まれにこちらに責任のしわ寄せのような低評価をつけられる事もありますので、深く追求し過ぎる必要もないと思います。

しかしゴールドパートナーは誰でもなれるものではありませんし、名前の横にトロフィーがつく事で一層自信がついてモチベーションも上がるので、配達に慣れてきた方はぜひ参考にしてみてください。読んで頂きありがとうございました!

~今日も走ってます~

のちねむ