ウーバーイーツ(UberEats)ヒートマップで時給が上がる話

カテゴリー
Uber Eats
投稿日
更新日

こんにちは!のちねむです!この度缶詰ウーバー をやってまして更新が止まってしまってた事をお詫び申し上げます!缶詰(簡単にいうとミッチリ)ウーバー をした成果はまた後ほど記事にさせていただきますのでよろしくお願いします。

さて、夏場よりウーバー ドライバーアプリに新星のごとく出現した「ヒートマップ」をご存知でしょうか?
今回は売上を大きく左右するこのヒートマップ(配達員の間ではシミと呼ばれる)のシステムと攻略法、立ち回りについて書いていきたいと思います!

ヒートマップ(シミ)とは?


ランチタイムピーク時、ディナータイムピーク時や雨が降ってる時にマップ上にジワジワっと出現するオレンジ色のゾーンを指します。体感ではありますが平日は大体11時半を過ぎた頃と、18時半を過ぎた頃からシミてくる印象です。

土日とかですともう少し早く出現したり、そのシミの範囲もかなり大きくなります。このヒートマップ上にいるドライバーには、一件の配達に特別インセンティブが付与され、その金額は様々です。一件あたり100円から雨のひどい日などは400円ついたりします。画像のヒートマップは230円表示になってますが、中心部から離れるにつれて金額が下がるみたいです。(下の画像は150円のヒートマップインセンティブ、加えて1.1倍のブースト案件)
雨の強さに比例して金額も上がります。雨クエも同時に出てたらウハウハですね!

観察してるところ、北区や中央区が特にシミやすい印象ですね。どういうメカニズムで操作されてるかは不明ですが、注文数が多いゾーン、配達員が足りてないゾーンにシミができやすいのかな?という印象。たまに淀川を超えたゾーンでもシミを確認したという報告があります。未確認生物感すごい。

今までは雨が降ってるのに雨クエがつかない悲惨な日もありましたが、ヒートマップはリアルタイムで発生するので、雨降ってシミてきたから出るか!と意欲的になる配達員も激増したのだとか。

ヒートマップを上手く使おう

同じ配達件数でもシミてる案件をしっかり取っていく事で、配達単価、売上のかなりの上昇が見込めます。チリも積もればではないですが、半日普通に配達するのと、シミ拾いしながら配達するのとでは、同じ件数でもかなり差が開いてきます。うまく立ち回る事ができれば、東京並みの時給に変身したりもします。

↑ヒートマップなし

↑ヒートマップあり

おススメの立ち回りとしては、マップがシミてくるまでは通常配達→シミが大きくなってきたらシミ付近まで移動→ロング配達で僻地に飛ばされたら極力オフラインにして中心部まで戻る

を意識すればいいと思います。自転車だと体力かなり使いますが、原付配達員は一時時給2000円ペースを突破した話もあります。体力に自信がある方は是非。

シミは気まぐれ

注意点ですが、シミ拾いをしたいがために僻地のオーダーを蹴り続けるのはおススメしません。ヒートマップの中にいても鳴り続ける保証はないですし、シミ部分に人が集まり過ぎてむしろ僻地に配達員が足りてないケースがあります。以前シミの中にいながら30分無音だった時は泣きそうになりました。むしろ泣いてました。笑

1~2分のオーダーに関しては、ヒートマップ外でも受けた方がリズムもいいです。シミは時間が経つにつれ形を変えますし、小さくなったり、いきなり消えたりもします。依存すると逆に売上が下がる結果になるので注意です!

もしシミが消えた?場合

アプリの仕様上、シミが形や範囲を変える際に一度マップから消える性質があります。その場合、一度オフラインにするとマップが更新されて再びシミが出現します。オフラインにしても出現しない場合は、シミは本当になくなってしまったという判断で大丈夫です。笑

ちなみにオーダーが連続で入ってる場合、マップのどこがシミてるのか確認できません。数珠鳴りしてるけど今ヒートマップどうなってるんかな?消えてるんかな?などは他のドライバーと連絡をとったり、ツイッターのフォロワーさんたちのつぶやきから情報を得るのも手です。ウーバーの配達をひっそりやりたい方も、ツイッターは本当におススメですよ!アプリバグの対処法とかの情報も得る事ができますので。

シミやすい曜日

時間帯も長く、広範囲にシミやすいのは、土日祝、そして木曜日ですね。シンプルに利用者が多くウーバーイーツが盛り上がっている曜日です。シミを意識して立ち回ればいつもの平日より売上を伸ばす事ができます。

最後に

ウーバーイーツドライバーアプリは日々進化しています。今回のヒートマップに関しても、テスト的にある日いきなり行われたものでそのまま導入、継続されました。さすが外資というか、勢いととりあえずやってみよう感はすごいですが。僕たち配達員は時代とアプリの進化にうまく乗っかって、それを利用して、うまく売上を上げていきたいものですね。本日も読んでいただきありがとうございました!

~今日も走ってます~

のちねむ