水を飲むと肌とカラダがキレイになる話

カテゴリー
Beauty
投稿日
更新日

こんにちは!のちねむです。冬場真っ只中ですが乾燥すごいですね!朝起きた時の乾燥やツッパリかなり実感しています。さて、みなさんは「水分補給」をしっかりしていますか?水分補給といってもしっかりとした「水」の方です!水が健康や美容に好影響をもたらすのは認知されていますよね!

海外のスーパースターや美しきモデルたちも水をしっかり飲んで美しさをキープしています。今回はなぜ「水」が美と健康にいいのか?カラダに与える影響を噛み砕いてお伝えしていきたいと思います。

「水分」が不足すると


人間のカラダは体重の約60%、乳児に限っては約80%の水分が占めています。歳を重ねると水分量はどんどん減少していきます。水分が不足していくと

肌が乾燥し、毛穴やほうれい線が目立ち、老化の進行、老け顔になりやすい

体調不良や心筋梗塞のリスクが上がる

などがあげられます。ちなみに

カラダの水分の約2%減少→のどの渇き
約5%減少→頭痛・脱水症状・熱中症など
約10%→けいれん・循環不全など
約20%失われる→死亡

死亡はやめときましょう!!笑

肌に関しては日々の外部からのケアも大事ですが、内側からの水分補給をする事によって、内側から肌とカラダの両方をキレイに、そして健康に保つ事ができます。外部からの日頃の肌ケアの記事はこちら

血液は酸素や栄養をカラダ中に運ぶ働きをしますが、赤血球の約60%、血しょうの約90%が「水」だと言われています。また肌細胞は約60%が水分でできていますので、水を飲むのはすごく大事な事なのです!

水を飲むメリット

水を飲む事で血流が促進され、肌やカラダに栄養や酸素が届きやすくなる

肌荒れの改善、便秘の予防

健康な肌細胞を維持できる

むくみの解消

リンパの流れが改善され、体内の老廃物が排出されやすくなる

不眠やストレスの解消

疲労回復

などがあげられます。身近にあってコスパもいい「水」。すごい効果とパワーを持ってますね。

どのくらい飲めばいい?

人間は呼吸をするだけで1日に0.9~1Lの水分を失うといわれています。
加えて尿や便で排泄される水分量を合わせると、約2.5Lの水分量がカラダから出ていってる事になります。

なので人間が摂取すべき1日の水分量の目安は一般的に1.5~2Lとされているのです。どんなに水をマメに飲まない人でも最低でも1.2Lは補給するようにと言われています。

他にも
・自分の体重を30で割ったリットル数が適量という説

・体重1kgあたり40mlが適量という説

もあるみたいです。

水の種類

ミネラルウォーター

原水となる地下水を殺菌処理した水。天然のミネラル成分が含まれており、カルシウムやマグネシウムの含有量によって「軟水」「硬水」に分類されます。

・軟水
軟水は硬水よりも、カルシウムやマグネシウムの含有量が少ないのが特徴です。その代わり、硬水よりも吸収率がよく、口当たりも優しいため子供でも飲みやすいと言われているので、水分補給にはもってこいの水になります。

・硬水
硬水は軟水よりマグネシウム等が含まれており、ミネラル補給という面では軟水より優れています。
マグネシウムは便秘解消や、肌質改善に効果的な水とされています。

しかし硬水を大量摂取すると、ミネラルが豊富過ぎて下痢になったり、カラダへの異変が起こることもあるため、飲み過ぎは注意です!軟水に比べて苦味やにおいがあるので大人向けの水となっています。

炭酸水

二酸化炭素を含んだ飲み物ですね。スカっとしますし喉越しも気持ちいいので人気の飲料になります。近年は、美容や健康のために砂糖などを含まない炭酸水が主流となっています。

炭酸には血行促進の作用があるので、傷が治りやすくなる、細胞が活発になるなどの美に関して嬉しい効果が期待できます。

また代謝が良くなったり、疲労回復やデトックス作用と、ダイエットしてる方にも嬉しい効果が望めます。無味無臭の炭酸が苦手な方は、柑橘系のフルーツやシロップを併用しましょう。ついでにビタミンCの摂取もできるので美肌効果◎です!

水道水はダメ?

塩素やカルキなどの不純物が混ざっているので、水道水を飲む場合は10~15分ほど沸騰させましょう。そうすると不純物を除去した、身体のバランスを整える飲料水(白湯)へと変身します!

沸騰させた水道水は温度を下げてから飲むと、胃腸の調子、血流が良くなる・老廃物の排出がスムーズに行われるなどの効果が期待できます。肌荒れの改善、肝臓への負担を軽減、ホルモンの分泌促進、腎機能を活発にさせる効果もあります。

ぶっちゃけ白湯最強じゃないすか?笑

肌とカラダをキレイにするための水の飲み方

常温で飲む!

冷た過ぎるとカラダを冷やし、新陳代謝が下がってむくみを引き起こしやすくなります。冷たい水は分子が大きいので、肌に吸収されにくい面もあるので、常温または冷ました白湯などがいいとされています。冬の寒い時期は、ヤケドしない程度にあっためても大丈夫です。

こまめに補給しよう!

30分ごとに一口飲むのが理想的な飲み方とされています。一気にガバガバ摂取するのはカラダへの負担も大きく、美と健康からはかけ離れた飲み方になってしまいます。

他にも

朝起きたとき
通勤で歩いたとき
スポーツしたとき
入浴後
就寝前

などのタイミングで水分補給をルーティーン化できると効果は得やすいです。

間違った水分補給


水分=水に余分なものが含まれている
水=からだが必要としてるもの

ここの認識をしっかり理解しましょう。例えばコーヒーや緑茶・紅茶などのカフェイン飲料は、利尿作用があるため結果的に摂取した水分量以上の水分を排出してしまう事になります。麦茶やハーブティーなどはカフェインが入ってないので、これらはOK。

糖分の入ったジュースはNGです。野菜ジュースやフルーツジュースは一見カラダにいいイメージがありますが、飲みすぎると、エネルギーとして消費できなかった糖質が水分と一緒に体内に蓄積されて結果むくみの原因になってしまうんです。

みそ汁などの大量摂取もダメです。塩分を含むみそ汁やスープなどを大量に摂取すると、これもむくみの原因になります。ご飯の時の一杯で我慢しましょう。スープバーやドリンクバーには気をつけて笑

最後に

さて、水にも種類や効能があり、飲み方やタイミングについて色々書いてきましたが、身近にある「水」がこんなにコスパがよく、肌とカラダにいい働きを持ってるのってすごいですよね。30分に1口ペースで1日1.5~2Lをまず1か月続けてみてください!肌のコンディションやカラダの調子が変わってくるのを実感して頂けると思います!継続は力なり!

読んで頂きありがとうございました!

のちねむ